消費者金融で借りるメリットとデメリット

キャッシング、カードローンを利用するとなると銀行から借り入れるか消費者金融から借り入れるかに別れます。どちらにもデメリットとメリットが存在しますが、今回は消費者金融のメリット・デメリットを知っておきましょう。

 

消費者金融の最大のデメリットが金利が高い点です。

 

銀行に比べると遥かに金利が高く、高額、長期間借り入れるとなるとかなり金利が膨らんでしまいます。消費者金融の最高金利は18.0%の業者が殆どであり、殆どの銀行はこれよりも低い最高金利設定となっています。

 

また、消費者金融はサラリーマン金融と呼ばれていた時代に、悪評が蔓延してしまい未だに悪いイメージを引き摺っている層もおります。消費者金融でお金を借り入れたら高額金利のために返済ができなくなるのでは、と怯えている人もいるのです。

 

実際には昔より金利が低額になったために今では安全に利用ができます。

 

金利が高いのであれば、誰もが銀行で借り入れをするのでは、と思ってしまいますが消費者金融ならではのメリットもあるのです。殆どの消費者金融が即日融資可能で融資スピードが素早いのです。

 

銀行によっては、即日融資が不可能のカードローンサービスも存在するのです。消費者金融は銀行よりも高額金利とのデメリットに対して、銀行よりも素早いスピードを、と迅速さに力を入れているのです。

 

最短審査30分、40分、との消費者金融の広告が目立ちます。
消費者金融は気軽に借り入れできる、とのイメージもあります。

 

銀行で借り入れをすると融資が遅そう、審査が厳しそう、お堅そう、と引け目を感じ、気軽に利用をしたい人からは消費者金融のポップさが受け入れられています。

 

銀行の審査に落ちてしまった人でも消費者金融ならば審査に通過する事もあり、審査の柔軟さにも定評があります。まずは銀行に借り入れを申し込み、銀行からは借り入れができなくなった、審査に通過しなかった時に審査が柔軟である消費者金融の出番となります。


このページの先頭へ戻る