年金受給者がネットキャッシングでお金を借りる

仕事を定年退職し年金での生活になった場合でも、急な出費でまとまったお金が必要になるということはあるのではないでしょうか。実際に年金だけで生活すると言うことは非常に難しいと言われる時代ですから、やはりカードローンなどに頼りたくなるのも仕方が無いといえるのかもしれません。

 

消費者金融や銀行のカードローンやキャッシングは、原則借りることが出来る年齢や収入の有無などが決まっているため、年金生活の人は非常に借り難い条件になっています。

 

年齢で言えば銀行が65歳まで、消費者金融が69歳までとなっている場合が多く、しかも安定した収入がある場合でないと審査を通過できない仕組みとなっています。

 

これに当てはめて考えると、年金生活の場合には昨年の収入が年金だけのため、働いて得た収入がゼロとカウントされてしまいお金を借りることが出来ないということになります。

 

実際にほとんどの金融業者では年金しか収入が無い場合の貸付を行っていません。

 

これは収入だけが問題なのではなく、貸付した後の返済に問題が生じる可能性が極めて高いことが問題となっているようです。年金暮らしの人は高齢になっているため、死亡する確立も高いと言えます。

 

カードローンなどは保証人を必要としていないため、もし借主が死亡した場合のお金の回収に問題が生じる可能性が高いことも年金受給者への貸付を行っていない理由だと言えます。

 

ただ、数社ではありますが年金受給者への貸付を行っている業者も存在しています。有名なところでは三菱東京UFJ銀行カードローンとレイクの2社があります。

 

どちらも年金受給者への貸付を可能にしているため、収入がない場合でも年金があれば貸付を行ってくれます。ただし、年齢制限がどちらも満65歳以下の人しか借りることが出来ませんから、60歳から年金を受給している人に限られるのかもしれません。

 

現在の法律でいけば年金需給は65歳以上となるため、実際に年金受給者で借り入れを行えるのはごく少数になると言えます。


このページの先頭へ戻る