ネットでお金を借りると郵送物って届くの?

通信によるカードローン契約をした場合、後日カードの送付の必要があります。

 

カードローンもキャッシングも、カードを用いてATMからお金を借り入れる仕組みであるために、どうしてもカードを持たなければならなくなるのです。

 

店頭申込みや、自動契約機でカードローン契約をするとその場で即カードが発行され郵送の必要が無くなるのですが、電話、ファックス、インターネット契約の場合はカードの手渡しが不可能となり郵送物でカードが送られます。

 

カードローン利用の明細を郵送物で受け取る設定にしている人も要注意です。
明細はメールで受け取るように設定すれば、明細が郵送され家族に見られてしまいカードローン利用が発覚する、なんて事故は避けられます。

 

返済を滞納してしまうと郵便受けに督促状が入れられます。
家族に郵便物を見られてしまったら困る、家族が金融機関に詳しいので郵送物から借り入れがばれてしまう、と徹底的に郵便物を避けたい人に向けた方法をご紹介。

 

郵便物なしでお金を借りる方法

 

なんといっても契約は店頭か自動契約機で行なう事です。
店頭に赴くのは足が重くとも、自動契約機ならば気軽に立ち寄れます。
自動契約機は各地に点々と存在しているために、利用し易いです。

 

自動契約機で契約をしている最中に、明細は郵送では受け取らないと設定できるキャッシング業者も存在します。後は滞納をしなければまずばれません。

 

カードはその場で即手に入るために、カードを用いてATMからお金を借り入れします。キャッシング業者からの郵便物ですが、ぱっと見ただけではキャッシング業者だとは分からないような外見となっています。

 

これは、キャッシングを利用する人物が郵送物から家族にキャッシングの事実が露呈してしまったら困る、との配慮からです。不審な郵送物が届いたから、とカードローンを利用していると連想する人物はあまりおりません。

 

キャッシング利用経験がある家族ですと、ばれやすいのでそこは注意です。


このページの先頭へ戻る